求人内容と実際の仕事内容が異なる

工場の仕事内容は幅広いです。例えば、肉体労働、技術職、事務などが挙げられます。それぞれの業務ごとに求人を募集しているケースが多いです。しかし実際に働き始めると、希望していた業務だけではなく、他の業務も押し付けられることもあります。その理由は、求人に応募する人が少なかったから、もしくは人件費削減で元々他の業務も兼ねさせるつもりであったケースが多いです。いずれにしても、求人内容と実際の仕事内容が異なっているのは違法となる可能性が高くなります。

働き始めてから求人内容との違いに気が付いた場合は、すぐに工場に指摘しましょう。反論されたとしても、こちらは何も悪いことをしていないため、毅然とした態度で臨むことが大切です。

良い工場とそうでない工場の見分け方とは

求人内容を見ただけでは、良い工場かそうでないかは分かりづらいです。ただ、違和感を覚えた時はその直感を信じましょう。例えば、求人内容が耳障りの良い言葉ばかり並んでいるケースです。残業がなく、給料や工場内の雰囲気が良いなどと書かれていると、その魅力につい惹かれますよね。しかし、それは単なるアピールに過ぎません。本当にその言葉通りならば、すぐ定員に達する人気の求人になるはずです。いつまでも求人が掲載されていたり、締め切った後にすぐ募集をかけているようでは、すでに本性がばれていて人も寄り付きません。つまり、良い工場とはとても言えないのです。

どうしても求人内容からでは見分けることができない場合は、工場内を見学したり、直接質問しましょう。